インプラント

インプラントとは

画像:インプラント

インプラント治療とは、局所麻酔下で歯ぐきを切開し、顎の骨に「人工歯根」を埋入する手術のことです。
インプラントと周囲の骨が完全に統合されるまで約6~12週間待ち、それを確認した後に人工歯をかぶせます。

インプラントは純チタン製で身体にやさしく、治療後はしっかりと噛むことができ、第二の永久歯として「歯のある生活」を取り戻すことができます。
1本につき(すべて含む:手術料+かぶせ物)
23万円~30万円

インプラントの手順

画像:インプラント

前歯を補う場合

画像:インプラント

健全な歯を削ることなく、自然歯に近いかたちへ回復することができます。高度な治療を行うことで、前歯の美しい見た目を再現できます。

治療方法 メリット デメリット
インプラント
  • 自然歯に近いかたちへ回復することができます。
  • 十分なメンテナンスをすれば長期間維持することができます。
  • 周囲の健康な歯を削る必要がありません。
  • 歯を失った部分の骨や歯ぐきが痩せません。
  • ワインやカレーにより着色がしやすい。
  • 比較的に長い治療期間を要します。
  • 高度な技術を必要とするので、その分治療費がかかります。
入れ歯
  • 健康な歯を削る必要がありません。
  • 比較的短期間で、治療期間が行えます。
  • 自然な外観にすることが難しいです。
  • 違和感を感じやすいです。
  • 土台とした歯を清潔に保つことが難しく、むし歯や歯周病を招きやすいです。
  • 長期間経過すると、歯を失った部分の骨や歯ぐきがやせてしまうので、不自然な外観になりやすいです。
ブリッジ
  • 自然歯に近いかたちへ回復することができます。
  • 十分なメンテナンスをすれば長期間維持することができます。
  • 失った歯の周囲の歯を土台にするため、健康な歯を削る必要がります。
  • 長期間経過すると、歯を失った部分の骨や歯ぐきが痩せてしまうので、不自然な見た目になりやすいです。
  • セラミックを使った自然観の回復は保険の適用を受けることができません。

奥歯を補う場合

失った歯が少ない場合には、いずれの処置で自然な外観と快適な咀嚼(そしゃく)を回復することが可能です。
健全な歯を犠牲にせず、失った歯の本数が多い場合でも治療が可能です。
また、お口のケアを十分に行えない方や、ヘビースモーカーの方にはおすすめできません。

画像:インプラント

失った歯の本数が多い場合や一番奥から続けて歯を失ってしまった場合には、従来は入れ歯に頼る以外方法がありませんでした。
適正な嚙み合わせに回復させ、長期的に安定した状態を維持することができます。

画像:インプラント
治療方法 メリット デメリット
インプラント
  • 適正な嚙み合わせに回復させ、長期的に安定した状態を維持することができます。
  • 失った歯の数が多い場合にも咀嚼(そしゃく)能力を回復できます。
  • 見た目や、感触が自分の歯と同じで、ほとんど違和感を感じません。
  • 歯を失った部分のあごの骨がなくなるのを防ぎ、十分なメンテナンスをすれば長期間維持することができます。
  • 比較的に長い治療期間を要します。
  • 高度な技術を必要とするので、その分治療費がかかります。
入れ歯
  • 短期間(数年)あれば、咀嚼(そしゃく)機能をある程度回復できます。
  • 比較的短期間のうちに機能回復ができます。
  • 入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすいです。
  • 数年ごとに作りかえや調整を必要とします。
  • 正な嚙み合わせに回復させ、長期的に安定した状態を維持することができません。
  • 装着による違和感を感じやすいです。
  • 自然な見た目にすることができません。
ブリッジ
  • 自然歯に近いかたちへ回復することができます。
  • 歯列を安定させ、適正な嚙み合わせに回復させることができます。
  • 失った歯の周囲の歯を土台にするため、健康な歯を削る必要がります。
  • 失った歯の本数が多いと治療できません。
  • 土台にした歯に負担がかかり、十分にケアがしづらくなるので、歯を失う危険があります。

全ての歯を補う場合

画像:インプラント

インプラントは、入れ歯を入れることがきなかったり、入れ歯では満足しきれない患者様のために開発されました。自分の歯のようなかたちで、噛み合わせが安定します。

治療方法 メリット デメリット
インプラント
  • 入れ歯が安定しない人でも、自分の歯のような噛み合わせに回復できます。
  • 顎の骨が痩せてしまった人でも若々しい表情へ回復できます。
  • 定期的なメインテナンスと日常のケアで、十分なメンテナンスをすれば長期間維持することができます。
  • 顎の骨が痩せてしまうのを防ぐことができます。
  • 比較的に長い治療期間を要します。
  • 手術を必要とするため全身疾患のある人の場合に処置が行えない場合があります。
  • 治療費が比較的高額です。
総入れ歯
  • 短期間で自然観を回復することができます。
  • 病気がちの方でもケアできます。
  • 自然な噛み合わせを感じる期間が短いです。
  • 長期間使用することで、顎の骨が次第に失われていき、安定感が得られません。
  • 違和感を感じやすく、上手く装着できなかったり、発音が思うようにできない場合があります。
  • 短期的に作り直しが必要になる場合があります。

TEL:0798-51-3900

画像:診療時間

診療について

当院について